ナクル湖国立公園の見どころは、何といってもフラミンゴである。ソーダ湖のみに棲息し、藻のたぐいや軟体動物、小さな甲殻類のプランクトンを食べて生きているフラミンゴ類2種は、その条件が整っているナクル湖やボゴリア湖、バリンゴ湖、エレメンテイタ湖など、大地溝帯内に散在するソーダ湖を渡り歩いて生活している。
 また、フラミンゴほど多くはないが、ペリカンも棲息している。その大群が空中乱舞したり、編隊を組んで夕日を浴びて飛んで行く光景など、自然と動物が作りだすドラマは感動すら覚える。

絶滅危惧種シロサイ


フラミンゴの舞


ナクル湖で見た野生動物




背景画像原画