ンゴロンゴロC.Aは南北16q、東西19qのカルデラ(クレーター)の底にある。このカルデラの外輪山は標高2300〜2400m、クレーター底の標高1800m、その深さ600mという世界有数のものだ。264平方キロメートルの火口原にはキリンとインパラを除く東アフリカで通常見られる多くの動物が棲む。火口原に棲んでいるのは雄象だけ、あまりにも急峻なため雌象は降りて来れないのだ。
 火口原内の湖にはフラミンゴが群れをなし、カバが棲み、まさに火口壁に囲まれた自然の楽園だ。
保護区管理事務所では多くの動物学者とレインジャーによって、減りつつあるサイやおもな肉食獣の数を正確に把握するために、子供が生まれた日や数まで記録するように努力している。
 ほかの公園、保護区に比べると、比較的容易に動物たちを観察でき、ここでは百獣の王ライオンの獲物の半分は八イエナなどからの横取りであるとの研究報告もある。ほとんどの動物はクレーター内で一生を過ごす。そしてここは、人間という動物が棲んでいない数少ない野生の領域でもある。


ンゴロンゴロ国立保護区の自然

チーターの狩り三題
ヌーの群れに囲まれて

サバンナの動物たち
水場に集まる動物たち 塩湖にいた動物たち

ンゴロンゴロ国立保護区のカバ

ランチタイムはカバの池
ンゴロンゴロの大地を悠然と歩く雄象

可愛いサバンナモンキー











背景画像原画









背景画像原画