成都の北4Qkmにある博物館。三星堆遺跡の出土物を展示するために1997年に建てられた。広漢市の郊外に古来より3つの巨大な黄土堆があり、地元の人に三星堆と呼ばれていた。1986年、ここから約3000年前の祭祀跡が発見され、青銅器、玉石器、金製品、象牙など千点以上の文物が出土した。
 縦目の青銅器仮面に代表されるその様式は、漢民族のそれとは明らかに異なり、漢民族と系統を異にする古代少数民族が、蜀の地で独自の高度文明の花を咲かせていたことが証明された。考古学上の一大発見として外国でも大きく報道され人々の耳目を集めた。

 
 

大型縦目仮面(青銅製65×137p)
 
・ 博物館1 ・ 博物館2 ・ 博物館3 ・ 博物館4 ・ 博物館5 ・ 博物館6 ・ 博物館7 ・ 博物館8 ・ 博物館9 ・ 博物館10
 
・ 博物館11 ・ 博物館12 ・ 博物館13 ・ 博物館14 ・ 博物館15 ・ 博物館16 ・ 博物館17 ・ 博物館18 ・ 博物館19 ・ 博物館20
 
・ 博物館21 ・ 博物館22 ・ 博物館23 ・ 博物館24 ・ 博物館25 ・ 博物館26 ・ 博物館27 ・ 博物館28 ・ 博物館29 ・ 博物館30