成都の北西59km、灌県の眠江上流にある水利工事跡。初めは都安堰と呼ばれていたが、10世紀以降、都江堰というようになった。この工事は、紀元前3世紀に眠江の氾濫を防ぐために蜀の郡守李泳が指揮をとって始まった。
 大規模な工事は息子の李二郎が受け継いだが、完成するのは彼の死後、数世紀経ってからのことだった。
 都江堰は基本的に魚鴫、飛沙堰、宝瓶ロの三部分からなる。眠江の流れはまず、人工の中洲によって外江(上流に向かって左)と内江(上流に向かって右)に分かれる。外江はそのまま眠江として下流へ流れて行くが、内江は潅既用水として宝瓶口へ流れ込み、さらにいくつかの用水路に振り分けられて成都平原へと流れていく。
 都江堰の東岸にある二王廟は、李親子の徳を称えるために、南北朝時代に建てられたものである。はるか昔におこなわれた工事がいまだに大きな力を及ぼしている中国の文明の偉大さを感じる。

 
 

都江堰
 
・ 都江堰1 ・ 都江堰2 ・ 都江堰3 ・ 都江堰4 ・ 都江堰5 ・ 都江堰6 ・ 都江堰7 ・ 都江堰8 ・ 都江堰9 ・ 都江堰10
 
・ 都江堰11 ・ 都江堰12 ・ 都江堰13 ・ 都江堰14 ・ 都江堰15 ・ 都江堰16 ・ 都江堰17 ・ 都江堰18 ・ 都江堰19 ・ 都江堰20